年々、外国人留学生を採用する企業が増えてきています。

グローバル化が加速する中、優秀な外国人留学生の採用をめぐり、
各企業がしのぎを削る状況が生れてきつつあります。

少子高齢化の中で、労働者人口が減少し、
日本企業は今後ますます外国人を雇用し、
活用する必要性が増してきています。

しかし、いざ、外国人の採用を決めたとしても、
外国人が日本で就労するためには、
原則として、就労ビザを取得している必要があります。

外国人留学生の場合には、「留学」ビザで在留されていますので、
在留資格の変更手続きを経て、許可を得なければなりません。


ここでは、「留学ビザ」から「就労ビザ」へ在留資格を変更する場合、
とりわけ、外国人留学生のおよそ9割が取得する「技術・人文知識・国際業務ビザ
を中心にご説明しています。

>> 「技術」分野の在留資格該当性及び上陸許可基準についてはこちら
>> 「人文知識・国際業務」分野の在留資格該当性及び上陸許可基準についてはこちら


在留資格変更のお手続きについて


留学」から就労可能な在留資格への変更許可申請は、
原則として本人が、自分の居住地を管轄する
地方入国管理局、支局又は出張所に出向いて行います。

申請の時期は、4月入社の場合
前年の12月(大阪入国管理局の場合)から
受付を開始しています。

在留資格の変更の審査には、
1ヶ月から3ヶ月程度かかりますので、
下記の書類を揃えて早めに申請する方がよいでしょう。

卒業よりも前の申請になりますが、
あくまでも卒業が前提となりますので、
変更が認められたとしても、
最終的に、卒業証明書又は卒業証書を提示することが
許可の条件となります。

書類の作成・申請手続きは、行政書士に依頼することもできます。


審査のポイント


在留資格変更の審査では、就職先の状況や職務内容、
技術・人文知識・国際業務」の在留資格に相当するのか等が審査されます。

審査のポイントしては、次のようになります。

(1)本人の学歴(専攻過程、研究内容等)その他の経歴から相応の技術・知識等を有する者で
   あるか
(2)従事しようとする職務内容が本人の有する技術・知識等を活かせるようなものであるか
(3)本人の処遇(報酬等)が適用であるか
(4)雇用企業の規模・実績から安定性・継続性が見込まれ、さらには本人の職務を活かせる
   ための機会が実際に提供されるものか


「技術・人文知識・国際業務」へ変更する場合の必要書類


A.留学生本人が用意するもの
  ①パスポート
  ②在留カード
  ③在留資格変更許可申請書
  ④履歴書(本国での職歴、本国・日本での学歴を記載)
  ⑤申請理由書
   就職までの経緯、就職先での職務内容、大学等での専攻した勉学研究内容との関連性等

B.就職先から
  ①雇用契約書の写し(採用通知書、雇用企業からの辞令等でも可)
   従事する職務内容、雇用期間、報酬額等の労働条件が記載されているもの
  ②商業法人登記簿謄本(3ヶ月以内のもの)、直近の決算報告書の写し
  ③会社パンフレット
  ④雇用理由書(採用経緯、理由、職務内容等)

C.大学等学校から
  ①卒業証明書又は卒業見込み証明書(原本)

>> 「技術」分野の具体的な必要書類についてはこちら
>> 「人文知識・国際業務」分野の具体的な必要書類についてはこちら


留学ビザから就労ビザへの変更サポートについて


当サポートデスクでは、外国人留学生の採用における在留資格変更許可申請をサポートしております。

  ・はじめての外国人雇用で、どうすればよいのかわからない
  ・採用したい外国人がいるのだが、はたしてビザを取得できるのだろうか
  ・自分で申請したのだが、不許可となってしまった


このようなお悩みについては、当サポートデスクにお気軽にご相談ください。


→サポート内容

 000813 就労ビザ取得コンサルティング
 000813 依頼者様の事情に応じ、ご用意して頂く書類のリストアップ
 000813 入国管理局との事前協議及び提出資料の収集・作成
 000813 申請書及び申請理由書の作成
 000813 大阪入国管理局への申請書類の提出
 000813 追加資料提出通知書に関する対応(理由書・説明書の作成等)
 000813 大阪入国管理局で在留カードの変更・更新手続き(変更・更新の場合)
 000813 入社後の外国人の在留管理制度に関するアドバイス
 000813 万一、不許可・不交付の場合、追加費用なしで再申請


≫ ご依頼の流れについてはこちらをご覧下さい!


業務名 報酬額 申請手数料
外国人雇用に関するご相談 8,400円/1回 0円

ご相談料は、後に業務のご依頼をいただいた場合、下記報酬額に充当させていただきます。

「留学」ビザから「就労」ビザへの
変更許可申請
97,200円 ~ 4,000円
上記申請書類のみのサポート 75,600円 ~ 4,000円
就労ビザ更新申請 54,000円 ~ 4,000円
就労ビザ更新申請(転職事案) 75,600円 ~ 4,000円
理由書の作成 32,400円 ~ 0円

※上記はあくまでも基準金額となります。案件の難易度や業務量により、金額が増加するこ
 とがございます。
同時に複数の申請をご依頼頂いた場合の割引制度もございます。
業務着手時報酬額の4割相当額を頂戴いたします。
 着手金につきましては、不許可となった場合であってもご返却できませんので、予めご了
 承ください。
 再申請につきましては、追加報酬なしに何度でもさせて頂きます。
※外国文書の翻訳費用や印紙代等の実費は、別途ご負担頂きます。


人文知識・国際業務ビザ申請サポート 人文知識・国際業務ビザの審査のポイント
人文知識・国際業務に該当する活動として認められる典型的事例 人文知識・国際業務ビザ申請に必要な書類

南大阪・和歌山 ビザ申請サポートデスク ご利用のメリット 南大阪・和歌山 ビザ申請サポートデスク ビザ申請サポート 南大阪・和歌山 ビザ申請サポートデスク サービスメニュー

南大阪・和歌山 ビザ申請サポートデスク

業務対応エリア


大阪府 : 堺市・大阪狭山市・富田林市・河内長野市・和泉市・高石市・泉大津市・忠岡町
      岸和田市・貝塚市・熊取町・泉佐野市・田尻町・泉南市・阪南市・岬町
和歌山県: 和歌山市・岩出市・紀の川市・海南市